MENU

診療案内 Schedule

受付時間

午前a.m. 午後p.m.
診療受付 8:30-12:00 13:30-17:30
リハ受付 8:30-11:30 13:30-17:00

診察予定

午前a.m. 午後p.m.
月 Mon.
  • 城間 隆史 T.Shiroma
  • 堀苑 英寛 H.Horizono
  • 池間 康成 Y.Ikema
  • 城間 隆史 T.Shiroma
  • 堀苑 英寛 H.Horizono
火 Tue.
  • 城間 隆史 T.Shiroma
  • 新垣 薫 K.Arakaki
  • 城間 隆史 T.Shiroma
  • 堀苑 英寛 H.Horizono
  • 新垣 薫 K.Arakaki
水 Wed. 休診 Closed 休診 Closed
木 Thu.
  • 城間 隆史 T.Shiroma
  • 堀苑 英寛 H.Horizono
  • 新垣 薫 K.Arakaki
  • 城間 隆史 T.Shiroma
  • 堀苑 英寛 H.Horizono
  • 新垣 薫 K.Arakaki
  • 池間 康成 Y.Ikema
金 Fri.
  • 城間 隆史 T.Shiroma
  • 堀苑 英寛 H.Horizono
  • 城間 隆史 T.Shiroma
  • 堀苑 英寛 H.Horizono
土 Sat.
  • 城間 隆史 T.Shiroma
  • 堀苑 英寛 H.Horizono
  • 新垣 薫 K.Arakaki
  • 堀苑 英寛 H.Horizono
  • 新垣 薫 K.Arakaki
  • 池間 康成 Y.Ikema
日 Sun. 休診 Closed 休診 Closed

 

■  日曜/水曜/祝日/旧盆最終日午後は休診です。
■  初診の方の予約は承っておりません。保険証をお持ちになって受付時間内にお越しください。
■  リハビリは予約時間に遅れてしまうと受けられない場合がございます。予約時間の10分前までにはお越し下さい。

アクセス

〒901-2227 沖縄県宜野湾市字宇地泊820番地
駐車場70台駐車可

クリニックは宜野湾マリーナの近くにあります。
国道58号線大謝名交差点を北向きなら左折、南向けなら右折して400m進むと右手に茶色の建物が 見えてきます。
クリニック建物1F、建物となりに70台駐車可能な駐車場を設けておりますのでご利用ください。

整形外科とは? What’s “Orthopaedics” ?

普段わたしたちは、体を曲げたり、腕を振ったり、歩いたり、階段を上り下りしたり、とさまざまな運動をしています。整形外科はこのような「体を動かすときに使う部位」(運動器)を扱う診療科で、運動器とは骨・筋肉・関節・神経を指します。これまで自由に動かせていたのに、動かすことができなくなったり、動かすと痛い場合には整形外科医にご相談ください。

一般外来

一般外来では、首、肩、腰、腕、手指などの病気やケガを診察しています。
• 変形性頚椎症
• 変形性腰椎症
• (頚椎/腰椎)椎間板ヘルニア
• 四十肩(肩関節周囲炎)
• 肩腱板断裂
• テニス肘(上腕骨外側上顆炎)
• 各部の捻挫や骨折、腱鞘炎など

専門外来

当クリニックの専門外来では、各分野の専門医・認定医が最良の医療を提供できるよう心がけています。手術が必要と診断された方には、速やかに手術加療を行う体制を整えており、提携病院である海邦病院/ハートライフ病院にて手術を受けることができます。手術の際は当クリニックの担当医師が執刀にあたり、診断から手術治療、手術後のリハビリテーションや退院後の通院治療までを一貫してサポートしています。

股関節について

股関節に加わる力は歩いているときで体重の3〜5倍といわれています。そのため、病気やケガにより、股関節に痛みが生じると、歩くことが難しくなったり、特にお年寄りの方は寝たきりの原因になることもあります。整形外科では次のような股関節疾患の診療を行っています。
大腿骨や骨盤の骨折/股関節唇損傷

膝関節について

膝関節が痛くなる原因には骨、軟骨、靭帯、半月板、滑膜など様々な原因があり、それぞれの疾患で治療の方法も異なります。特にご高齢の方では軟骨がすり減る変形性関節症が多く、手術が必要なこともあります。スポーツによるケガでは靭帯損傷や半月板損傷があり、レントゲンではわからずMRI検査でわかることがあります。

足関節・足部について

足関節は、スポーツ外傷・障害の中で最も多い傷害部位であり、捻挫や靱帯損傷に代表されます。また足部は、26個の骨と12種類の関節、10数本の腱からなる複雑な部分であり、足部の疾患は症状や病態も様々です。装具療法やリハビリテーションなどを中心に治療を行いますが、手術が必要な疾患もあります。

関節リウマチについて

関節リウマチは、種々ある膠原病の代表的なひとつで約100〜200人に1人の割合で発症することが分かっています。これは自己の免疫が自分自身の関節(主に手足)を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じますが、しばしば血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも障害が及ぶ全身疾患であり、適切な治療が必要です。最近は関節リウマチの治療が飛躍的に進み、早期治療を受けることで不治の病ではなくなりました。